Contents

シャドウバンチェックの方法

そもそもシャドウバンとは?

シャドウバンチェックの説明をする前に、シャドウバンについて簡単に説明しておきましょう。

シャドウバンとは、Twitter運営から不適切な行為やツイートなどを行ったユーザーに与えられる「一時的に受ける見えないペナルティ」のことです。

なぜシャドウバンと言われているかですが、「ペナルティを受けたユーザー自身が気づきにくい」からです。例えば、普段よりいいね、リプされる数が少なくなっていたりフォローに対してフォロバが来なかったりします。

こうした気づきにくいペナルティをいつの間にか受けてしまうので、シャドウバンと言われるようになりました。

このような現象に対して、まずはシャドウバンチェックを行う事から始めてみましょう!

次に、シャドウバンチェックの方法を解説します。大きく分けると2種類あります。確実にシャドウバンのチェックを行うならば、2種類とも確認しましょう。

シャドウバンチェック①:専用サイトを使ってチェックする方法

シャドウバンチェックする方法として、専用のサイトを使うことができます。

上記のサイトに行くと、「username」を入力するだけで簡単にシャドウバンチェックができます。

シャドウバンチェック方法

入力して「CHECK」を押すと結果が出ます。シャドウバンチェックに何も引っかかってない場合は以下のように全て緑色で表示されます。

シャドウバンチェック結果

しかし、シャドウバンチェックに引っかかっていると以下のように該当箇所が赤文字などで表示されます。

シャドウバンチェック問題あり

シャドウバンチェック②:Twitter検索機能を使ってチェックする方法

もう1つのシャドウバンチェックの方法は、Twitterの検索機能を使用します。方法は簡単で、検索バーに自身の「from:ツイッターID」を入力して検索するだけです。

シャドウバンチェックTwitter検索

もし、検索に引っかからなかった場合はシャドウバンに掛かっている可能性があります。

シャドウバンの種類とその意味とは?

シャドウバンの種類には、次の4種類が存在します。

  1. Search Suggestion Ban(サーチサジェッションバン)
  2. Search Ban(サーチバン)
  3. Ghost Ban(ゴーストバン)
  4. Reply Deboosting(リプライデブースティング)

シャドウバンにはそれぞれ別の制限があり、各種類によってペナリティの重さも変わってきます。各シャドウバンの種類ごとのペナルティの重さは以下を参考にしてください。

シャドウバンの種類検索で表示リプライペナリティ程度
Search Suggestion Ban
Search Ban
Ghost Ban
Reply Deboosting

では、上記のシャドウバンについて1つずつ解説します。

①:Search Suggestion Ban(サーチサジェッションバン)

シャドウバンの中でも、Search Suggestion Ban(サーチサジェッションバン)は一番ペナルティ程度の軽いシャドウバンです。Twitterは検索した結果に対して表示の順番に優先順位をつけています。

このシャドウバンになっているときは、検索表示の優先順位が下げられます。また、ツイートが不適切(センシティブ)コンテンツの扱いを受けます。

従って、「センシティブな内容を含むものを表示しない」と設定しているアカウントユーザーには、ツイートが表示されなくなります。

②:Search Ban(サーチバン)

シャドウバンの中でも、 Search Ban(サーチバン) はツイートが検索結果に表示されなくなります。また、ハッシュタグを付けてツイートした場合でも、ハッシュタグで検索した際にはツイートが表示されません。

自身のツイートが他ユーザーには見られなくなるので、Twitterで集客やフォロワーを増やしたい人、アフィリエイトなどをしたい人には手痛いシャドウバンです。

従って、シャドウバンの中では重いペナルティとなります。

③:Ghost Ban(ゴーストバン)

シャドウバンの中でも、Ghost Ban(ゴーストバン)は自身のリプライが第三者から見えなくなります。リプライを送った当人と送られたユーザーにしか見えません。文字通りゴーストになってしまいます。

④:Reply Deboosting(リプライデブースティング)

シャドウバンの中でも、Reply Deboosting(リプライデブースティング)は軽めのゴーストバンのイメージです。リプライが「さらに返信を表示する」の中に隠される状態になります。

シャドウバンチェックリプライデブースティング

ツイートをしているユーザーをフォローしている人には、普通にリプライが見えます。ですが、フォローしていないユーザーからは上記の表示になり表示されません。

シャドウバン対象行為とは?

シャドウバン対象行為は、シャドウバンになるだけでなく最悪アカウントのロックや凍結になる危険性もあるので絶対にしないでください。

シャドウバン対象行為

・ツイートに外部リンク(URL)を張り過ぎる

・内容が同じまたは似ているツイートを繰り返し投稿する

・特定のトレンドトピックやハッシュタグを乱用する

・ツイートや返信の送信を自動化して行う

・複数のアカウントで同じような文章を連続で投稿する

・フォローとフォロー解除を過剰に行う

以下にTwitterヘルプセンターに記載されている「してはいけない行為」も載せておきます。

してはいけない行為

・内容が同じまたは似ているリンクやツイートを繰り返し投稿する。
・特定のトレンドトピックやハッシュタグ(#記号の付いたキーワード)を乱用する。
・ツイートや返信の送信を自動化する。
・ボットやアプリケーションを使って特定のキーワードで構成された似たような文章を投稿する。
・複数のアカウントで同じような文章を投稿する。
・フォローとフォロー解除を過剰に行う。

Twitterヘルプセンター:検索のルールと留意点についてより

特にシャドウバンになりやすいのは、ツイート関連です。外部リンク(URL)やハッシュタグの過剰使用やツイートとハッシュタグの関連がない場合はシャドウバンのペナルティを受けやすくなります。

シャドウバンチェック後の解除方法

シャドウバンチェック後の解除方法は2つあります。特に難しい内容はありませんので、シャドウバンチェックで引っかかった場合はすぐに対応するようにしましょう。

シャドウバンチェック後の解除申請の準備

シャドウバンチェック後、まずは以下の手順に沿って操作してください。シャドウバン解除申請を行う準備となります。

シャドウバン解除の準備

1.設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」→「広告の環境設定」→「興味関心の順番に進んでください。

2.興味関心のチェック項目を全て外してください。

※以下で図解しています。

シャドウバンチャック解除準備
シャドウバンチャック解除準備2
Twitter設定「広告の環境設定」はこちら
シャドウバンチャック解除準備3
Twitter設定「興味関心」はこちら

シャドウバンチェック後の解除方法①:解除されるまで時間を置いて放置する

シャドウバンチェック後の解除申請準備が完了したら、一定期間(1日~1週間)はTwitterで何も行わないことを推奨します。(ツイート、いいね、フォロー、RT、リプライなど)

シャドウバンは通常ですと、1~3日程度で解除されますが、シャドウバンの状態でTwitterを利用し続けると期間が長くなってしまいます。従って、毎日シャドウバンチェックを行いながら解除を待つことが賢明です。

シャドウバンチェック後の解除方法②:Twitterヘルプセンターへ解除申請する

シャドウバンが中々解除されないという方は、「Twitterヘルプセンター」に報告と解除申請を行うことがオススメです。シャドウバンになったら直ちに申請する方が解除は早いと思われます。

従って、「シャドウバンになる=直ちにヘルプセンターに解除申請する」という認識で問題ありません。また、申請方法は以下を参考にしてください。

Twitterヘルプセンター申請方法

1.ヘルプセンター」→「お問い合わせ」→「Twitterの機能や設定に関する詳細に進んでください。

2.各項目に現在の状態を選択・記入してください。

3.「発生している問題に関する説明」については、できるだけ詳しく書く方が効果的です。
また、日本語と英語の文章を送ることも効果的です。例文を載せておきますので、参考にしていただければと思います。

シャドウバンチェック解除申請ヘルプセンター
シャドウバンチェック解除申請ヘルプセンター2
Twitter ヘルプセンターはこちら
シャドウバンチェック解除申請ヘルプセンター3
Twitter ヘルプセンター「お問い合わせ」はこちら
シャドウバンチェック解除申請ヘルプセンター4
Twitter ヘルプセンター「Twitterの機能や設定に関する詳細」はこちら
シャドウバンチェック解除申請ヘルプセンター5
シャドウバンチェック解除申請ヘルプセンター6

シャドウバンチェック回避のためのテクニカル施策

シャドウバンチェック回避のためにはIPアドレス管理が必須

TwitterなどのSNSアカウントでは、あなたのIPアドレス(ネットワーク上の住所みたいなもの)の監視が行われています。シャドウバンチェック回避には、このIPアドレスが重要になります。

そのため、多数のアカウントを同一IPでログインすると、凍結やシャドウバンの対象となる危険性が非常に高くなります。

従って、IPアドレスをアカウント毎に分けるようにIPアドレスを管理(=IPアドレスをアカウント毎に割り当てる)することで、シャドウバンチェックを回避しましょう。

IPアドレスを変更するためにはVPNというツールを用いることをオススメします。

弊店のおすすめとしては、NordVPNというもの。おすすめの理由や使い方については、姉妹サイトの記事にて解説していますので、ぜひご覧ください!

NordVPNの登録方法や使い方を徹底解説!【Twitter運用】

【記事を読んでみる】

NordVPNの登録方法や使い方を徹底解説!【Twitter運用】

シャドウバンチェック回避のためにはCookieを保持してログイン

シャドウバンチェック回避のためには、Cookieの管理も徹底することで、よりアカウントを安全に運用することができます。

Cookieとは、あなたが見ているWebサイトからあなたのスマホやPC内のブラウザに保存される情報のことであり、Cookieがあれば毎回IDやパスワードを求められることがありません。

従って、CookieについてもIPアドレスと同様にアカウント毎に管理を徹底する必要があるのです。

複数アカウントの管理方法についてもやCookieについても以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にして下さい!

シャドウバンチェックに引っかからない対策

まず初めに、なぜTwitter側がシャドウバンにしているかの検証です。弊店の検証の結果は、Twitterのシャドウバンアルゴリズムは以下のように推定されます。

  • ツイートに外部リンク(URL)が存在するかをチェックする
  • 外部リンク(URL)が存在した場合、そのツイートのエンゲージメント数をTwitter側の閾値と比較する。
  • エンゲージメント数が閾値以上であれば、ツイートしたユーザーの過去のツイートを検索して同じURLが存在しないかチェックする。
  • 過去のツイートに同じURLが一定数以上存在した場合、該当ツイートがスパム認定されて、ツイートしたユーザーはシャドウバンフラグ立つ(シャドウバン状態)
  • 結果、検索表示されないためスパム排除されるという認識。

従って、シャドウバンチェックで引っかからない対策は、弊店での経験や様々な検証から導き出した対策が5つあります。

  1. 外部リンク(URL)を張ったツイートをしすぎない
  2. ハッシュタグを乱用しない
  3. 全く同じツイートを連投しない
  4. オールドアカウントを準備する
  5. アカウントの質を上げる

シャドウバン対策①:外部リンク(URL)を張ったツイートをしすぎない

先述したとおり、外部リンク(URL)をツイートするとスパム扱いされる可能性があります。その結果、シャドウバンだけでなくアカウント凍結になるリスクも高くなります。

従って、シャドウバン対策として外部リンク(URL)を張るツイートは最小限にしなくてはなりません。例えば、アフィリエイトや自身のサイト誘導などを行いたい方が多いと思います。

ですが、一度スパム扱いされてしまうと非常に重いペナルティが発生する可能性がある以上は、節度を守った頻度にしましょう。

シャドウバン対策②:ハッシュタグを乱用しない

シャドウバン対策として、ハッシュタグの乱用も控えることを推奨します。ハッシュタグは、先ほどの外部リンク(URL)と組み合わせて使うユーザーが多いと思います。

また、ツイート内容と全く関係のないハッシュタグを使用することも控えてください。一度の複数のハッシュタグを使うことも推奨しません。一度に使用するハッシュタグは2個ほどに留めておきましょう。

シャドウバン対策③: 全く同じツイートを連投しない

シャドウバン対策として、同じツイートを連投しないようにしましょう。これは、Twitter側からBOTと認識されてしまう可能性があるからです。

但し、様々なツイートを連投する分には何も問題ありません。

シャドウバン対策④:オールドアカウントを準備する

シャドウバン対策として、オールドアカウントを使用する方法があります。これは作成から年数が経過したアカウントはシャドウバンやロック・凍結の耐性が高いためです。

新規作成のアカウントは、自動化対策やスパム対策として規制が厳しくなっています。従って、オールドアカウントを使用する方法も非常に有効な手段となります。

当Twitterアカウント販売店では、高品質なオールドアカウントや高アクティブアカウントなど様々な商品を取り揃えております。新規作成で規制が厳しい中で運用するよりも、ぜひ弊店をご利用いただければ幸いです。

シャドウバン対策⑤:アカウントの質(信頼度)を上げる

シャドウバン対策として、Twitterアカウントの質(信頼度)を上げることが必要です。では、具体的に質(信頼度)を上げる指標とは何でしょうか。以下をご覧ください。

Twitterアカウントの質(信頼度)を上げる指標

・メールアドレス認証
・電話番号認証
・2段階認証(2FA)
・作成からの日数経過(運用歴)
・フォロワー数

メールアドレスや電話番号認証は、基本的にほとんどの人がやっていると思います。2段階認証はやっていない人が多いかもしれません。アカウントのセキュリティレベルを上げることも信頼度を上げるために必要です。

また、運用歴を上げるというのは使用頻度や時間経過で解決できますし、フォロワー数も毎日Twitterを触っていれば少しずつ増えていくと思います。

先ほど紹介した当Twitterアカウント販売店で取り扱っているアカウントを購入してそのまま運用する方法も非常に有効な手段となります。

シャドウバンチェック済みのオールドTwitterアカウントを購入

当Twitterアカウント販売店では、シャドウバンチェック済みのオールドTwitterアカウントを購入できます。納品前にシャドウバンチェックを行っていますので、安心してご購入ください。

シャドウバンチェック済みのオールドTwitterアカウントを購入

シャドウバンチェック済みのオールドTwitterアカウントのご購入は、当Twitterアカウント販売店のLINE公式アカウントから購入可能です。以下から友だち追加して頂ければ幸いです。

また、Twitterアカウントの商品ラインナップは以下のページからご確認できますので、ご購入をご検討いただければ幸いです。

友だち追加

シャドウバンチェック済みのオールドTwitterアカウントの管理方法

シャドウバンチェック済みのオールドTwitterアカウントをご購入頂いた後の管理方法、2段階認証(2FA)やアカウントの登録情報の変更手順は、以下の記事で解説していますので併せてご覧ください。

シャドウバンチェック済みであっても、その後の運用を間違えると再度シャドウバンになってしまうことも少なくありません。従って、以下の記事をご覧頂きTwitter運用にご活用頂ければ幸いです。

Twitterアカウント購入後の管理方法を徹底解説!

【記事を読んでみる】

Twitterアカウント購入後の管理方法を徹底解説!

シャドウバンチェックに対するTwitter公式の見解

Twitter公式は、シャドウバンは過去も現在も行っていないという姿勢です。また、Twitterでの様々な誤解の真相についても説明しています。

Twitterについての誤解の真相はこちら

そもそもシャドウバンチェック以前の話のようです。逆にTwitterでは、ユーザーのツイートにランク付けを行っており自身がフォローしているアカウントのツイートは常に表示されていると説明しています。

Twitter公式のシャドウバンに対する詳細記事はこちら

しかし、現状明らかにシャドウバンという制限が原因で、フォロワーのツイートやフォローリストの中にすら見えない状態です。

従って、シャドウバンチェックは常に行う必要があり、Twitterを利用する場合は気をつけて運用しましょう。

シャドウバンチェック・解除方法まとめ

シャドウバンは、Twitter運用では非常にネックになるペナルティです。常にシャドウバンチェックを行ってTwitter運用を効率よく進めましょう。

当Twitterアカウント販売店では、アカウント販売だけでなくお客様のTwitter運用のために様々な情報を分かりやすくご提供しています。

Twitterは日々規約更新やUI変更、仕様変更を行っていますので、シャドウバンチェックや対策に関しても、弊店は常に新しい情報を収集して更新していこうと考えています。

この記事が参考になりましたら、当Twitterアカウント販売店のLINE公式アカウントを友だち追加して頂けると励みになります。よろしくお願い致します。

友だち追加