Twitterアカウントを複数購入後に準備するもの

ここでは、当Twitterアカウント販売店よりTwitterアカウントを複数購入されたお客様のために、Twitterアカウントを複数運用する方法を解説します。

Twitterをはじめ、他のSNSでも1ユーザーにつき1アカウントと規約に定められています。従って、Twitterアカウントを複数運用するには同一人物と判断されないように工夫する必要があります。

そこで、VPNサービスをご紹介します。簡単に解説すると、アカウントごとにIPアドレスを変更できるので同一人物と判断できなくなります。

当Twitterアカウント販売店が一番オススメするVPNサービスは「Nord VPN」です。Nord VPNについては、以下の記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

NordVPNの登録方法や使い方を徹底解説!【Twitter運用】

【記事を読んでみる】

NordVPNの登録方法や使い方を徹底解説!【Twitter運用】

1.Nord VPNを準備する

まず初めに「Nord VPN」を契約して準備しましょう。契約期間が長いほど、毎月のコストは安くなります。Twitterアカウントを複数運用するなら2年のプランがオススメです。

2.Twitterアカウントごとに専用ブラウザを作成する

次に、Twitterアカウントごとに使用する専用ブラウザを作成します。GoogleやTwitterはブラウザのキャッシュやcookieも監視しています。従って、同一ブラウザからの複数アカウントのログインは非常に危険です。

専用ブラウザの作成は「Google Chrome」の機能で簡単に行えます。専用ブラウザの作成方法は、こちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

3.Twitterアカウントごとに使用するIPアドレスを決める

最後に、Nord VPNと専用ブラウザの準備ができましたら、Nord VPNで各Twitterアカウントで使用するIPサーバーを決めましょう。

Nord VPNでのIPサーバーの確認や選定方法は、こちらの記事で詳しく解説していますので、目を通していただければ幸いです。

Twitterアカウントを複数購入後にログインする方法

それでは準備が完了したと思いますので、Twitterアカウントにログインしていきましょう。まずは注意事項を確認しましょう。

Twitterログイン時の注意事項と手順

1.Nord VPNを起動してIPサーバーに接続する
2.IPサーバーに対して最初に決めた専用ブラウザを起動する
3.IPアドレスがしっかり切り替わっているか確認する
4.Twitterにログインする

1.Nord VPNを起動して、サーバーに接続する

まず最初に、Nord VPNで予め決めておいたIPサーバーに接続します。事前に準備する際に、しっかり「#ナンバー」を控えておく必要があります。

2.接続したIPアドレスを使用するTwitterアカウントのブラウザを起動する

Nord VPNでIPサーバーに接続したら、予め決めておいた専用ブラウザを起動します。ブラウザ名はTwitterアカウント名とリンスしておけば間違いないでしょう。

3.Twitterにログインする前に、IPアドレスを確認する

Twitterにログインする前に、「確認くん」などを使用してIPアドレスを確認しましょう。しっかりIPが切り替わっていることを確認しないと非常に危険です。

4.Twitterにログインする

IPを確認して問題がなければ、Twitterにログインしてください。以降は、アカウントを切り替える場合は手順1から行ってください。

Twitterアカウントを複数購入後の運用注意点まとめ

Twitterアカウントを複数購入して運用するには、ロックや凍結のリスクを限りなく少なくする必要があります。

Twitterアカウントを運用するために準備するものと注意点を再度確認して、Twitter複数アカウントを上手に運用しましょう。

準備するもの

・Nord VPN(契約と使用IPサーバーの選定)
・専用ブラウザの作成

注意点

・ログイン前にIPサーバーに接続する
・IPサーバーと各Twitterアカウントをリンクする
・IPアドレスに接続しているか確認する