この記事では、Twitterで自分のツイートが検索表示されない原因と解決方法を解説します。

Twitter運用では、自分のツイートが検索表示されないのは致命的です。少しでも多くの人にトラブル解決に役立ってもらえると幸いです。

また、当サイトのLINE公式アカウントを友だち追加して頂けると励みになります。

友だち追加

Twitterの障害で検索表示されないかチェック

Twitterで自分のツイートが表示されなかったり検索できないなどの違和感や不具合を感じた場合は、まずTwitterに障害が発生していないかをチェックしましょう。

こちらのサイトではリアルタイムで報告されていますので便利です。

Twitterの障害をチェックする

アカウントの制限で自分のツイートが検索表示されない?

次に、自身のTwitterアカウントの制限で自分のツイートが検索表示されていない場合が考えられます。以下は、自身のTwitterアカウントの制限のパターンです。

Twitterアカウントの制限

・Twitterアカウントの凍結・ロック
・Twitterアカウントのシャドウバン

凍結・ロック

Twitterアカウントが凍結・ロックされた場合は、非常に分かりやすいです。

アカウント凍結(1)
アカウントロック(1)

このような画面になりますので、制限を受けていると認識できると思います。Twitterアカウントの凍結解除については、以下の記事で詳しく解説しています。

シャドウバン

Twitterのアカウントがシャドウバンになっても、画面上では何も制限を受けていないように見えます。シャドウバンについては、以下の記事で詳しく解説しています。

Twitterで自分のツイートで検索表示されない種類を特定する

自分のツイートが検索表示されない場合は、どのツイートの種類が検索表示されないかを特定しましょう。ツイートの種類は以下になります。

ツイートの種類

・通常ツイート
・ハッシュタグ付きのツイート
・メディア付きのツイート
・リンク(URL)付きのツイート
・ハッシュタグ、メディア、リンク付きのツイート

上記のように分類したのには意味があります。上記の種類は下に行くほど制限が厳しくなってきます。

Twitter側からの「信頼度・信頼性・信用度」などの言い方は様々ですが、表には見えないフィルターに掛けられて判断されています。

このTwitter側のフィルターに引っかかった場合は、凍結・ロック・シャドウバンなどの制限に掛かるという訳です。

従って、自分のツイートが検索表示されない場合、どのツイートの種類が検索表示されないかで自身のアカウントの信頼度が判別できます。

Twitterの信頼度・信頼性・信用度を上げる方法

自分のTwitterアカウントの信頼度を上げることが、制限に掛からない一番の方法です。ここでは簡単に解説します。

Twitterアカウントの信頼度を上げる方法

・フォロワーを増やす
・フォローバックやリプライ、いいねで他ユーザーとの交流を増やす
・中身のあるツイートでエンゲージメント率を高める
・アカウント運用歴を長くする

Twitterで自分のツイートが検索表示に引っかからない原因を特定しよう

次に、先ほど説明した自分のツイートで検索表示されない種類が特定したと思います。

では、なぜ自分のツイートが検索表示に引っかからないのか原因を特定しましょう。通常のツイートですら検索表示されない場合は、ほぼ間違いなくシャドウバンになっていると思われます。

その場合は、先述したシャドウバンの記事をご覧ください。

Twitterのルールに引っかかっている可能性

他の原因として、意図しないうちにTwitterのルールに引っかかっている可能性があります。

では、意図しないうちに引っかかりやすいTwitterのルールを説明します。

してはいけない行為

・内容が同じまたは似ているリンクやツイートを繰り返し投稿する。
・特定のトレンドトピックやハッシュタグ(#記号の付いたキーワード)を乱用する。
・ツイートや返信の送信を自動化する。
・ボットやアプリケーションを使って特定のキーワードで構成された似たような文章を投稿する。
・複数のアカウントで同じような文章を投稿する。
・フォローとフォロー解除を過剰に行う。

一部のコンテンツがTwitter検索で表示されない理由

検索結果の質を保つために、一部のツイートやアカウントが検索結果から除外されることがあります。また検索の質を下げたり、他の利用者が検索したときに不快な思いをさせたりするツイートやアカウントは、自動的にTwitter検索から除外される場合があります。

Twitterヘルプセンター:検索のルールと留意点について

その他にも以下のような原因が考えられます。

ツイートやハッシュタグが検索に表示されない

検索結果ページには一部のツイートが表示されない場合があります。これには、以下の原因が考えられます。

ツイートを非公開にしていませんか? 非公開ツイート は自分のフォロワーのみが閲覧できるため、他のアカウントの検索結果には表示されません。

メールアドレスを確認しましたか? アカウントの設定を完了し、アカウントに登録されている メールアドレスの確認 を済ませている必要があります。

ツイートにセンシティブな内容が含まれている可能性はありませんか? セーフサーチモードを設定している場合、センシティブな内容が含まれている可能性があるツイートは自動的に検索結果から除外されます。センシティブな内容の設定のオン/オフを切り替える方法については、こちらをご覧ください。

会話を広げる有意義な方法でツイートしていますか?Twitterでは関連性や信頼度が高く、安全なコンテンツを検索結果で表示できるように努めています。

Twitterのアカウント検索で自分のアカウントが表示されない

[ユーザー名](モバイル端末の場合は [ユーザー])の検索結果に自分のアカウントが表示されない場合は、以下の点をチェックしてください。

名前と自己紹介を入力していますか?Twitterの [ユーザー名] 検索では、プロフィールに名前、ユーザー名、自己紹介をすべて入力しているアカウントから優先的に表示されます。プロフィール情報の変更が検索結果に反映されるまでに数日かかることがあります。

Twitterを頻繁に利用していますか?定期的にツイートリツイート@ツイートしてフォロワーの反応を得るようにしていると、アカウントが検索結果に表示されやすくなります。

Twitterヘルプセンター:Twitter検索のヘルプ

これらの原因に当てはまる場合は、Twitterの使い方を改めて、数日放置すると解消する場合がほとんどです。

Twitterの検索に引っかからない時の解決方法とは

Twitterの使い方を改めて数日放置しても解消しない場合は、Twitterに報告することを推奨します。

Twitterで自分のツイートが検索表示されない原因と解決方法【まとめ】

この記事では、Twitterトラブルの中でもよくある自分のツイートが検索表示されない制限の原因と解決方法をまとめました。

Twitterトラブルは、Twitter運用を行う上では避けて通れないことです。このサイトではあらゆるTwitterトラブルを解決できる記事を今後も投稿していきます。

また、当サイトではTwitterアカウントやその他アカウントも販売しておりますので、是非ご利用頂ければ幸いです。

各種アカウント購入はこちら
友だち追加