今回の記事では、Twitter(ツイッター)アフィリエイトは禁止なのかについてと、Twitter(ツイッター)アフィリエイト運用の禁止事項について解説します。

Twitterアフィリエイトを始めたい人や既に始めている人にも、Twitterアフィリエイトについてしっかりと理解できる内容となっています。

友だち追加

Twitterアフィリエイトは禁止?

Twitterアフィリエイトは、まだTwitterの規制が緩かった2014年頃に流行しました。しかし、スパム的なツイートも非常に多くなりTwitterの規制が厳しくなりました。

ここではTwitterアフィリエイトが禁止なのかについて解説します。

Twitterアフィリエイトって禁止なの?

Twitterアフィリエイトに関しては、規約は厳しくなったので「禁止されている」という認識の方が多いと思います。ですが、Twitterでは一切のアフィリエイトが禁止という訳ではありません。

規約をしっかり守ればTwitterアフィリエイトは可能ですので、後述する注意事項をしっかり読んでください。

Twitter公式でも直接Twitterアフィリエイトが禁止という表現や発言はされていません。但し、Twitterアフィリエイトにも関係する規約があります。

非合法な目的で、または違法な活動を促進させるためにTwitterのサービスを利用することを禁じます。これには違法な物品・サービス、および特定の種類の規制物品・サービスの販売、購入、または取引の促進が含まれます。

Twitterでは、利用者の安全を重要視しています。現実世界での被害の可能性に対処する取り組みとして、Twitterを使用して何らかの違法行為を行うことや、非合法活動を促進することを禁止しています。これには違法な物品・サービス、および特定の種類の規制物品・サービスの販売、購入、または取引の促進が含まれます。場合によっては、Twitterは利用者に執行機関/捜査機関へ連絡し、当局に「捜査機関の方々へ」ページよりTwitterに問い合わせてもらうようお願いすることがあります。そのようにして、このポリシーを実施するだけの十分な状況にあるかどうかを確認します。Twitterでは、報告を受け付けるほか、このポリシーに違反する可能性のある行動を事前に特定し、さらに人の目によるレビューを行っています。
このポリシーの対象となる物品・サービスには次のものが含まれますが、これに限定されるものではありません:

・偽造品および偽サービス*
・薬物および規制物質
・人身売買
・絶滅危惧種または保護種に由来する物品
・性的サービス
・盗品
・武器(銃器、弾薬、爆発物等)および武器(爆弾や3Dプリンター銃など)製造の説明書
 *詳細については偽造品に関するポリシーをご覧ください。

Twitterヘルプセンター:違法または特定の規制物品/サービスより

Twitterアフィリエイトの禁止事項

ここでは、Twitterアフィリエイトでの禁止事項を解説します。Twitterアフィリエイトを行う人は、これから解説する禁止事項を必ず守ってください。

Twitterアフィリエイトの禁止事項

・Twitterでのアフィリエイトを禁止しているASPもある
・ツイートでは短縮URLを使用する必要がある
・複数アカウントでの不正利用をしないこと
・スパム扱いされるような短時間の連続投稿はしないこと

それではTwitterアフィリエイトの禁止事項を1つずつ解説していきます。

禁止事項:Twitterでのアフィリエイトを禁止しているASPもある

Twitterで直接アフィリエイトリンク(URL)を貼ることを禁止しているASPもあります。従って、各ASPの規約をしっかりと確認しておきましょう。

TwitterアフィリエイトとASPについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

Twitterアフィリエイトについて

禁止事項:ツイートでは短縮URLを使用する必要がある

Twitteアフィリエイトの禁止事項として、ツイート内に直接アフィリエイトリンク(URL)を貼ってしまうと、Twitterアカウントが制限・凍結を受けてしまう可能性があります。

従って、アフィリエイトリンクを貼る際は、URLを短縮させてから使用する必要があります。

禁止事項:複数アカウントでの不正利用をしないこと

Twitterアフィリエイトの禁止事項として、複数アカウントでの不正利用が挙げられます。

不正利用とは、Twitterルール違反や各ASPルール違反に該当しないようすることです。

禁止事項:スパム扱いされるような短時間の連続投稿はしないこと

Twitterアフィリエイトでの禁止事項として、アフィリエイトリンクをツイートする場合は、短縮URLであっても短時間に同一の内容を連続投稿するとスパム扱いを受ける可能性があります。

外部のBOT(ツイートやリツイートを自動で行うツール)などを利用する場合は、特に注意してください。

Twitterアフィリエイトの運用での禁止事項

ここでは、Twitterアフィリエイトを実際に運用する上での禁止事項を解説します。Twitterアフィリエイトを安全に運用するには、禁止事項に注意してください。

Twitterアフィリエイトの運用での注意事項

・ 複数アカウントで同じIPを使用しない
・ 短時間に同一のアフィリエイトリンク(URL付)をツイートしない
・ 短時間に複数種類のアフィリエイトリンクをツイートしない
・ メディアやハッシュタグとアフィリエイトリンクを一緒にツイートしない
・ 過剰ないいねやフォロー、DM、リツイートをしない
・ 信頼性の低いTwitterアカウントでアフィリエイトをしない

では、Twitterアフィリエイトの運用での禁止事項を1つずつ解説していきます。

禁止事項:複数アカウントで同じIPを使用しない

Twitterアフィリエイト運用での禁止事項として、複数アカウントで同じIPを使用しないことが挙げられます。

複数アカウントを同じIPでログインすると、アカウントロックや凍結、シャドウバンになる可能性が高くなります。

従って、複数アカウントでTwitterアフィリエイトをする場合は、VPNを使うことを推奨します。

禁止事項:短時間に同一のアフィリエイトリンク(URL付)をツイートしない

Twitterアフィリエイト運用での禁止事項として、短時間に同一のアフィリエイトリンクをツイートしないことが挙げられます。

短時間に同一のアフィリエイトリンクのツイートを連投すると、アカウントがスパム認定されてロックや凍結、シャドウバンになる可能性が高くなります。

アフィリエイトリンクのツイートは1日1回に抑えておき、通常のツイートでフォロワーなどに読んでもらえるように工夫することが大切です。

禁止事項:短時間に複数種類のアフィリエイトリンクをツイートしない

Twitterアフィリエイト運用での禁止事項として、短時間に複数種類のアフィリエイトリンクをツイートしないことが挙げられます。

先述した同一のアフィリエイトリンクをツイートしないのと同じで、短時間に複数のアフィリエイトリンクをツイートしないことを意識してください。

禁止事項:メディアやハッシュタグとアフィリエイトリンクを一緒にツイートしない

Twitterアフィリエイト運用での禁止事項として、メディアやハッシュタグとアフィリエイトリンクを一緒にツイートしないことが挙げられます。

メディア(画像や動画)やハッシュタグの多用や複数組み合わせる行為は、シャドウバンになる可能性が非常に高いです。

ハッシュタグはインプレッションを上げることに効果的ですが、無暗に多用するとペナルティを受ける可能性があります。

特にシャドウバンは厄介なペナルティなので絶対に回避しましょう。

禁止事項:過剰ないいねやフォロー、DM、リツイートをしない

Twitterアフィリエイト運用での禁止事項として、過剰ないいねやフォロー、DM、リツイートをしないことが挙げられます。

相手ユーザーに干渉する行為は過剰に行うとスパム認定される可能性が高くなります。Twitterでは、一度ペナルティを受けたアカウントは以降もペナルティを受けやすくなる傾向にあります。

従って、Twitterアフィリエイト運用では禁止事項は必ず守って運用する必要があります。

禁止事項:信頼性の低いTwitterアカウントでアフィリエイトをしない

Twitterアフィリエイト運用での禁止事項として、信頼性の低いTwitterアカウントでアフィリエイトをしないことが挙げられます。

Twitterの信頼性とは、名前のとおりTwitter側からアカウントの質が高く信頼されている状態の事です。

Twitterの信頼性が高いと、ペナルティを受け難くなります。以下を参考にして、Twitterの信頼性を上げてください。

Twitterアフィリエイト運用では、Twitterの信頼性が必須となりますので、禁止事項を徹底して守ることと、信頼性を上げることを推奨します。

Twitterの信頼性を高める方法

・メールアドレス認証
・電話番号認証
・2FA(二段階認証)

・利用端末(スマホ、PCなど)を何度も変更しない
・同じIPアドレスでログインを続ける
・過剰なアクティビティ(フォロー、いいね、DMなど)を控える
・ツイート内容を気を付ける(同じ内容、過剰なハッシュタグ、URL使用を控える)
・フォロワーを増やす
・フォロワーとのユニークなやり取りを行う(リプライ、DMなど)

Twitterアフィリエイトで禁止行為で凍結した場合

Twitterアフィリエイトを行っている上で、常に注意しなければいけないことはTwitterアカウントの凍結です。

万が一、Twitterアフィリエイトで禁止行為で凍結してしまった場合は、アカウントの凍結異議申し立てを行いましょう。

Twitterアフィリエイトは禁止?【まとめ】

Twitterアフィリエイト運用では、禁止事項を徹底することが重要だとご理解できたかと思います。

Twitterアフィリエイトを始めるのは簡単ですが、禁止事項を守らない運用はTwitterアカウントを失うリスクが非常に高くなります。

今回の記事では、Twitterアフィリエイト運用の禁止事項を解説しました。

当サイトでは、他にもTwitterのトラブル解説やTwitter運用解説の記事を主に更新していますが、アカウント販売も行っていますので、LINE公式アカウントを友だち追加してご注文頂ければ幸いです。

友だち追加

各種アカウント購入はこちら
Twitterトラブル解説記事